大津波の記憶、次世代に 岩手・陸前高田に伝承館開館

大震災8年
北海道・東北
2019/9/22 17:08 (2019/9/22 20:13更新)
保存
共有
印刷
その他

開業した東日本大震災津波伝承館。被災した橋桁の一部や消防車などが展示されている(22日午後、岩手県陸前高田市)=共同

開業した東日本大震災津波伝承館。被災した橋桁の一部や消防車などが展示されている(22日午後、岩手県陸前高田市)=共同

東日本大震災で壊滅的な被害を受けた岩手県陸前高田市で22日、整備が進む高田松原津波復興祈念公園に東日本大震災津波伝承館(愛称・いわてTSUNAMIメモリアル)と、国営追悼・祈念施設がオープンした。岩手、宮城、福島各県に国が1カ所ずつ整備する追悼施設が利用可能となるのは初めてで、震災被害や教訓発信の拠点となることが期待される。

伝承館の展示テーマは「命を守り、海と大地と共に生きる」。脅威を伝えるため岩手の沿岸12市町村を襲った津波の映像を流すシアターや、被災した消防車両なども展示する。当時の救助活動や行政機関の反省点も教訓として紹介する。

国営施設は一部が完成。慰霊の場が整備され震災遺構・奇跡の一本松も含まれる。園内に道の駅高田松原も開業した。津波に襲われた場所にあるため避難経路を定めた他、高台に逃げるよう促すハナミズキ約140本を植えた市道もある。

達増拓也岩手県知事や高円宮妃久子さまらが出席し開業式典を実施。自宅で被災した陸前高田市のパート、三浦直子さん(50)は「津波の映像を大画面で見ると、自分がそこにいるようだった。震災を知らない人には怖さを伝える迫力がある」。盛岡市の飲食業、岩田佳子さん(40)は復旧工事が続く町を見渡し「切ない気持ちになり復興は道半ばだと感じた」と話した。

国、県、市が約100億円をかけ整備した。2021年4月に全体が完成予定で、震災遺構の旧・道の駅高田松原「タピック45」なども見学が可能になる。復興祈念公園は宮城県石巻市と、福島県双葉町と浪江町にまたがる地域にも整備中。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]