あっ、「音」を感じる 富士通が新感覚ガジェット

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
エレクトロニクス
2019/9/23 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日常のくらしや世界はどんな音で奏でられているのか――。それを体で感じられるデバイスを富士通が7月に発売した。ヘアピンのような形をした白いガジェット「Ontenna(オンテナ)」だ。耳の聞こえない聾者(ろうしゃ)を想定して開発したが、健聴者にも人気だ。スポーツや音楽の新しい鑑賞体験をもたらすツールとして注目を集めている。

「セミはどんなリズムで鳴くのか」「救急車のサイレンはどんなふうに聞こえるのか…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]