闘球分析

フォローする

守備も安定、順調な発進 (廣瀬俊朗)

2019/9/22 16:04
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

試合後に選手も話していたが、自国開催の開幕戦の重圧は相当だった。それがなければ、日本がハイボールをあれだけキャッチミスすることは考えにくい。

攻撃時にも、気持ちのやや過剰な高ぶりは見えた。FWが3人で小グループをつくってボールを待つはずの場面で、1~2人しかいないことが多々あった。直前のブレイクダウン(タックル後のボール争奪戦)に選手が思わず入ってしまったケースがあったのだろう。

悪い出だしの中…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

ラグビーのコラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

闘球分析 一覧

フォローする

 イングランドとの決勝を制した南アフリカは、自分たちの強みを徹底的に押し出した。スピードのあるバックスの選手にあまりボールを回さず、FWとキックで勝負する。スクラムで何度も反則を奪ったことは一つの象徴 …続き (2019/11/3)


 決勝はイングランドが有利と考える。ニュージーランド(NZ)との準決勝で証明したように、強力なFWと能力の高いバックスを併せ持ち、戦術の幅も広い。総合力が高いチームだ。
 フィジカル面は南アフリカがやや …続き (2019/10/31)

廣瀬俊朗氏

 前回大会に続いて2度も負けられないという南アフリカの気迫とパワーに日本は打ち砕かれた。何度もあおむけにされ、押し戻される。FWを前面に出したフィジカル勝負は分かっていたことだが、目の前にいたのは本気 …続き (2019/10/21)

ハイライト・スポーツ

[PR]