米、対中関税約400品目除外 コンピューター部品など

2019/9/21 23:00
保存
共有
印刷
その他

米通商代表部(USTR)は20日、中国への制裁関税の対象からコンピューター部品など400品目以上を除外することを決めた。ロイター通信などが伝えた。10月前半に予定する閣僚級貿易協議を控え米国が中国に配慮した可能性もあるが、両国が歩み寄れるかは見通せない。

米中は10月前半の閣僚級貿易協議を前に駆け引きを繰り広げている=AP

ロイター通信などによると、対象は2018年に発動した中国製品に対する制裁関税1~3弾のうち437品目。コンピューター部品やクリスマス用の電飾、コーヒーフィルターなど消費者向け製品のほか、発電機なども含まれるという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]