アラムコ攻撃の影響表面化 JXTGに油種変更打診
低質油に切り替え 処理費増でガソリン高の恐れ

イラン緊迫
中東・アフリカ
2019/9/22 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

サウジアラビア国営石油会社、サウジアラムコの石油施設への攻撃の影響が表面化してきた。同社が日本の石油元売り最大手のJXTGエネルギーに輸出する原油について、10月から質の低い原油に切り替えると打診したことが分かった。攻撃では原油の不純物を分離する施設が主な標的だった。日本国内のガソリン生産のコスト増で、消費者の負担増につながる恐れがある。

日本にとってサウジは最大の原油輸入先で、2018年度は輸…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]