先進国にプラごみ滞留 中国が輸入禁止、国内処分急務

科学&新技術
2019/9/22 2:09
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国境を越えて行き交うプラスチックごみが、先進国を中心に行き場を失っている実態が明らかになった。「資源」として受け入れてきた中国が一転、環境を汚す「ごみ」との理由で輸入を禁じたのがきっかけだ。慌てた先進国は東南アジアに振り向けるものの、それも反発を受けて輸出できない分が国内に滞る。プラ製品の使い捨て禁止や焼却処分の強化などの対策を急ぐが、海外任せにしてきたツケは大きい。世界の化学大手も対策に乗り出…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]