/

巨人、5年ぶりセ・リーグ優勝 37度目

プロ野球セ・リーグは21日、首位巨人が2位DeNAとの直接対決を3-2で下し、5年ぶり37度目(1リーグ時代を含め46度目)の優勝を決めた。原辰徳監督の下でのリーグ優勝は2度の3連覇を含む8度目。20日にDeNAを9-4で制し、優勝へのマジックナンバーを「2」としていた。

21日の試合で巨人は2点を追う七回、捕逸で1点を返すと、九回に小林の適時打で同点。延長十回に増田の適時打で勝ち越した。先発の戸郷は五回途中2失点で降板するも、7人の継投で追加点を許さなかった。

今年85周年の巨人は、プロ野球創成期のエース沢村栄治をはじめ、川上哲治らスター選手を輩出した。65年からは川上監督の下、長嶋茂雄、王貞治らを擁してセ・リーグ、日本シリーズともに9連覇を成し遂げた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン