22日初戦の聖地・花園、混雑緩和へ生きた教訓

2019/9/22 11:30 (2019/9/22 22:59更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ラグビー・ワールドカップ(W杯)が、高校ラグビーの聖地で初めて開催された。22日に花園ラグビー場(大阪府東大阪市)での初戦を迎えたイタリア対ナミビア戦では、ほぼ満員となる約2万人のファンらが熱狂。W杯前に懸念された会場への行き帰りの混雑など運営面では目立った混乱はなかった。背景には過去の教訓を生かし、混雑緩和や警備などに工夫を凝らし、「本番」を迎えたことがある。

【関連記事】関西ラグビー W杯日本…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]