三菱重工、H2Bロケットの打ち上げを25日に再延期

2019/9/21 20:02
保存
共有
印刷
その他

三菱重工業は21日、24日に予定していた基幹ロケット「H2B」8号機の打ち上げを25日に延期すると発表した。24日に打ち上げると打ち上げ後のロケットの機体がロシアのソユーズ宇宙船の軌道に接近する可能性があるためだという。H2Bは宇宙航空研究開発機構(JAXA)の無人補給機「こうのとり」8号機を搭載し、国際宇宙ステーション(ISS)に資材を運ぶ予定だ。

H2Bは当初、11日に種子島宇宙センター(鹿児島県)から打ち上げる予定だったが、直前に発射台付近で火災が発生したために中止。24日の打ち上げを目指していた。今回は2018年11月に「宇宙活動法」が施行され、民間主導でロケットを打ち上げる枠組みができてから初の打ち上げで、三菱重工が責任を担っている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]