三菱UFJ銀・三井住友銀、22日からATM相互利用

金融最前線
金融機関
2019/9/21 18:18
保存
共有
印刷
その他

三菱UFJ銀行と三井住友銀行は22日から、店舗の外にあるATMの相互利用を始める。両行の顧客はそれぞれのATMをいつも使っているATMと同じ手数料で使える。例えば平日の午前8時45分~午後6時の間、三井住友の顧客が三菱UFJのATMで現金を引き出すと108円の手数料がかかっていたが、22日以後は無料にする。

三菱UFJ銀行と三井住友銀行とのATM相互利用開始について記した張り紙(18日、東京都千代田区)

三菱UFJ銀行と三井住友銀行とのATM相互利用開始について記した張り紙(18日、東京都千代田区)

こうした形でATMを相互利用するのはメガ銀行どうしでは初めて。両行は設置エリアが重複するATMの削減も進める。計600~700カ所を廃止し、それぞれ維持管理などのコストを年数十億円減らす計画だ。

低金利などを背景に銀行の経営環境が厳しいなか、顧客の利便性を維持しながらどれだけ経費削減を進められるかが勝負だ。ATMの相互利用では、他の大手銀行も巻き込んで連携が広がるかが焦点になる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]