乙女の梅酒、街酔わせたい 神戸女学院大(キャンパス新景)

大学
2019/9/21 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「甘過ぎずすっきり飲める」「くどくない濃さ」。神戸女学院大(兵庫県西宮市)の周辺住民の間で評判の梅酒(720ミリリットル入り)がある。同大学の学生有志らが企画・製造した「こいうめ」だ。

メンバーは大学の授業で知り合った。2018年3月に阪急門戸厄神駅周辺の地域振興を議論する地元の集まりに参加し、梅酒ソムリエや飲食店経営者らと出会い、梅酒造りを発案。大学近くの門戸厄神東光寺でウメが採れることを知り…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]