/

女性自認の学生入学可能に 宮城学院女子大、私立で初

(更新)

私立宮城学院女子大(仙台市)は21日、記者会見を開き、戸籍上は男性だが自分を女性と認識しているトランスジェンダーの学生の入学を2021年度から認めると表明した。文部科学省によると、私立大では全国初。

国立のお茶の水女子大(東京・文京)と奈良女子大(奈良市)が来年4月に受け入れを始めるほか、全国で追随する動きが出ている。

平川新学長は会見で「性自認や性別の概念は流動的になっている。全ての女性を守り背中を押すことが女子大の使命だ」と話した。

宮城学院女子大によると、対象は学部生。強制的なカミングアウトを避けるため、出願時に性自認に関する診断書の提出などは求めず、入学後も基本的には大学への申告は課さない。

これまで性自認が男性の学生が複数人在籍し、大学側は健康診断の個別受診などを認めてきた。17年8月に性的少数者の支援方法を検討する委員会を設け、今年3月に受け入れを決定。トイレや更衣室など施設面の整備を進めている。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン