「名古屋飛ばし」が再来、ホール閉館でイベント困難に

2019/9/24 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1980~90年代に聞かれた「名古屋飛ばし」現象が再び起きている。2018年までの10年間で名古屋市内にあった劇場閉館が相次ぎ、中大規模のホール座席数は大幅に減った。一部施設に予約が集中して会場を確保できなくなり、名古屋での大型イベント開催を見送るケースが増える。集客力不足が原因だった80~90年代とは異なる事態に、イベント関係者らが頭を悩ませている。

「抽選倍率が昔に比べ、はるかに高くなった」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]