自分出せる居場所作る 中高年ひきこもり支援の鍵(下)
青少年健康センター理事 井利由利さん

コラム(社会・くらし)
2019/9/23 14:29
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

青少年健康センター理事の井利由利さんは、学校や職場に行くのが難しい人の居場所「茗荷谷クラブ」(東京・文京)の運営に20年以上関わる。社会への扉を開くため、段階を踏んだ回復の大切さを訴える。

――家にひきこもる中高年の思いは。

「社会から長年孤立して自分の人生に自信が持てず、働いていない自分を責めがちだ。いじめや職場の人間関係で傷つき、他人への不信感があるため誰かと一緒に過ごすことに慣れない人が少な…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]