/

この記事は会員限定です

1万5000人が歓迎 ナミビア合宿地の和歌山・上富田町

ラグビーのある風景

[有料会員限定]

和歌山県南部の山あいにある人口1万5千人の小さな町。ラグビーワールドカップ(W杯)でナミビア代表チームのキャンプ地に選ばれた上富田(かみとんだ)町は、観光資源が乏しいなか、学生・社会人チームの合宿や大会招致に力を入れている。海外の代表を受け入れるのは初めて。「スポーツの町」として国内外にアピールしようと、町を挙げて準備に取り組んできた。

8月下旬、上富...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り990文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン