ラグビーW杯 ご当地料理、異食の競演

ラグビーW杯
2019/9/21 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

20日に開幕したラグビーワールドカップ(W杯)の出場国・地域にちなんだ飲食を提供する動きが広がっている。各国をイメージしたパンやカクテルが売り出され、学校給食に各国の伝統料理を盛り込む自治体も。食を通じて国際文化を学び、W杯を盛り上げるのが狙いだ。(中川竹美、三浦日向)

【関連記事】関西ラグビー W杯日本大会への軌跡

4試合が予定され、22日に初戦を迎える花園ラグビー場(大阪府東大阪市)。同市のパ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]