プロ野球

坂本勇、価値ある2発 巨人、21日にもV

2019/9/20 23:19
保存
共有
印刷
その他

3点差まで詰められていた九回、低めの速球を逆らわずに右翼席まで届けた。巨人・坂本勇の技ありの39号ソロ。シーズン大詰めで驚異的な粘りを発揮してきたDeNAを完全に突き放す一撃に、敵地のファンからも大きなため息が漏れた。

【20日のプロ野球 結果と戦評】

1回巨人無死一塁、坂本勇が中越えに先制2ランを放つ=共同

1回巨人無死一塁、坂本勇が中越えに先制2ランを放つ=共同

リーグ優勝に向けた最後の天王山の初回にいきなり、中堅左へチームを勢いづける2ラン。欲しかった先制点を自らの手でたたき出したが、すぐに同点とされ、この一撃はフイとなった。

再びリードを奪った後の七回無死二塁で、強打の2番打者に原監督が出したのが送りバントのサイン。「点差は開いたが緊張感のあるゲーム」と振り返った指揮官が、なりふり構わずもう1点を狙いにいった作戦。投前にきっちり決め、期待に応えたリーダーの背中に触発されるように、打線がつながり、貴重な2点を手に入れた。

九回のダメ押し弾の直後には、4番岡本が2年連続の30号到達となるソロで続いた。持病の腰痛を抱えながら、攻守の要としてチームを引っ張り続ける坂本勇の姿は、次代を担う若手に好影響を与えている。

ここ一番で抜群の勝負強さを発揮した坂本勇の打棒に「キャプテンが価値ある2本の本塁打を放ってくれた」と原監督。シーズン大詰めで足の張りを訴えながらも、責任を全うしようとスタメンに臨んだ試合で、手負いのリーダーが5年ぶりのリーグV奪還をグッと引き寄せた。21日の直接対決で勝利すれば、歓喜の瞬間を迎える。(常広文太)

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

監督会議を終え、握手を交わす巨人・原監督(左)とソフトバンク・工藤監督(18日、ヤフオクドーム)=共同

 プロ野球のSMBC日本シリーズ2019は19日にヤフオクドームで開幕し、5年ぶりにセ・リーグを制した巨人と、パ・リーグ2位からクライマックスシリーズ(CS)を勝ち抜き3年連続日本一を狙うソフトバンク …続き (17:03)

中日・与田監督(右)からサインとメッセージが入った「交渉権確定」の当たりくじを贈られた東邦高の石川昂弥内野手(18日、名古屋市)=共同

 ドラフト会議で3球団が1位指名で競合し、中日が交渉権を獲得した愛知・東邦高の石川昂弥内野手が18日、名古屋市の同校で与田剛監督らから指名あいさつを受け「とてもオーラがすごくて、肩幅が広いなと思った。 …続き (16:50)

指名あいさつに訪れた阪神・矢野監督(左)とガッツポーズをする創志学園高の西純矢投手(18日、岡山市)=共同

 ドラフト会議で阪神から1位で指名された岡山・創志学園高の西純矢投手が18日、岡山市内の同校で矢野燿大監督らの訪問を受けた。「プロ野球選手になるんだ、と実感が湧いてきた。ここからが勝負。タイガースを優 …続き (15:36)

ハイライト・スポーツ

[PR]