国際宇宙ステーション、25年以降も運用へ
NASA・ISSディレクターに聞く

小玉 祥司
科学&新技術
2019/9/21 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

月を回る有人宇宙ステーションを米国や欧州、日本などが共同で建設する計画が進むなか、もう一つの国際宇宙ステーション(ISS)の行方に関心が集まっている。地球を回る国際拠点として20年近く稼働しているが、運用期間を終える2025年以降の体制は決まっていない。米航空宇宙局(NASA)でISSディレクターを務めるサム・シメミ氏は日本経済新聞の取材に応じて「25年以降も地球低軌道での研究活動を続ける」など…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]