ラグビー

日本、ロシアを30-10で下す ラグビーW杯開幕戦

ラグビーW杯
2019/9/20 21:44
保存
共有
印刷
その他

前半、トライを決める松島

前半、トライを決める松島

ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会は20日、東京スタジアムで日本―ロシアの開幕戦を行い、日本は30-10でロシアに勝って白星スタートを切った。

世界ランキング10位の日本は同20位のロシアに対し、立ち上がりは苦戦。キック処理のミスから先制トライを奪われた。徐々に主導権を握った日本は、松島(サントリー)のトライで追い上げ、前半終了間際にも松島がトライを挙げて逆転に成功。前半を12-7で折り返し、後半にもラブスカフニ(クボタ)と松島のトライなどで加点した。1勝(勝ち点4)に加えて、4トライ以上のボーナスポイント1を得たため、日本の勝ち点は5となった。

1次リーグは20チームが4組に分かれて総当たりで戦い、各組2位までが準々決勝に進む。初の8強入りを目指す日本は、28日に世界ランキング1位のアイルランドと対戦。10月5日に同16位のサモアと顔を合わせ、13日に同7位のスコットランドとぶつかる。

前半、逆転のトライを決める松島

前半、逆転のトライを決める松島

■松島快走 3トライ

アジアで初めての楕円球の祭典。試合開始からの40分間、過去の大会にない珍事が起きた。開催国の日本が、高く上がったボールをほとんど落とす。汗や湿気で球が滑るのではなく、落下地点を見誤ることも度々。3度の相手のキックオフも全てキャッチを失敗。前半4分には捕球体勢を取るFBトゥポウの手前で弾んだ球が相手に入り、先制トライまで許した。

「キックを減らす」というジョーンズ監督の戦前の発言と裏腹に、ロシアは蹴りまくる。虚々実々の駆け引きはW杯ならではだが、日本には初戦の重圧もあったよう。リーチ主将は捕球ミスの原因を「風なのか緊張なのか分からない」と話す。

司令塔のSO田村らにもミスが連鎖し、前半37分まで追う展開。パニックになってもおかしくない苦境で踏ん張れたのは日本の地力と言える。逆転につながった前半の2トライには、4年間の進歩が凝縮されていた。

トライを生み出したのは中村、ラファエレの両CTBの美しいパス。いずれもタックルを受けながらの難しい体勢から、右手首を柔らかく返し、外の味方につないだ。4年前の日本ではお目に掛かれぬプレー。今回のチームはこうした即興的な技術を磨いてきた。

試合中の戦術転換、選手交代も奏功した。後半はキックをやや減らし、パスで球をキープ。試合を安定させた。「ハーフタイムにしっかり修正できた」とリーチ主将。

後半15分頃、ロシアがゴール前のペナルティーでスクラムを選択。力攻めに出たタイミングで、日本はプロップ2枚を早めに変えた。直前、右プロップのバルの側が崩されていた。押しが強い具に変えたことでスクラムは安定。その後の守備も耐え、この試合、最後のピンチを耐えた。

前半の逆風を耐え、4トライでボーナスポイントも獲得。8強入りに必要な任務は果たした。「この日のために1年間やってきたけど、次からはこの緊張は抜けると思う」とリーチ主将。肩の荷が少し軽くなったことで、次はより軽やかに戦えるだろう。(谷口誠)

後半、トライを決めるラブスカフニ

後半、トライを決めるラブスカフニ

後半、自身3本目のトライを決める松島(中)

後半、自身3本目のトライを決める松島(中)

保存
共有
印刷
その他

ラグビーのコラム

電子版トップスポーツトップ

ラグビー 一覧

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で初の8強入りを果たし、準々決勝で敗退した日本代表が21日、東京都内で記者会見し、ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)は「大きな成果を得られた。誇らしく …続き (12:21)

南アフリカ戦の前半、タックルを受ける福岡

 日本ラグビーの挑戦に一つの句点が打たれた。20日、東京スタジアムで行われたワールドカップ(W杯)日本大会準々決勝で、日本は南アフリカに3―26で敗れた。開幕からチームの進撃を支えてきたWTB福岡堅樹 …続き (11:44)

後半、突進するウェールズのL・ウィリアムズ

 この日のハイライトは、スタジアムを埋めた両国サポーターには「デジャブ」の光景だった。
 後半残り10分を切り、6点を追うウェールズが敵陣深く攻め込みながらノックオン。ゴールラインを背にしたフランスのス …続き (0:36)

ハイライト・スポーツ

[PR]