山梨県、「ワイン県副知事」に林真理子氏

2019/9/20 21:16
保存
共有
印刷
その他

山梨県は県出身の作家、林真理子さんを「ワイン県副知事」に任命する。特産品をPRしようと県は8月に「ワイン県」を宣言し、長崎幸太郎知事が「ワイン県知事」の名刺を作って自ら発信を始めるなかで、名誉ソムリエの林さんにも協力してもらうことになった。任命式を10月8日に開く予定という。

「ワイン県」を宣言した山梨県の長崎幸太郎知事(8月、山梨県庁)

山梨県は国産ブドウのみを使った「日本ワイン」発祥の地とされ、生産量は2017年度に5530キロリットルと全国首位の31.3%を占める。日本ワインは世界的に知名度が高まり、山梨の「甲州」種のブドウを使った白ワインは海外のコンクールで受賞するなど高評価が定着しつつある。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]