浜松のCNP、新本社工場建設 プラ循環利用を研究

2019/9/20 19:49
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

プラスチックのリサイクルなどを手掛ける中部日本プラスチック(CNP、浜松市)は、浜松市内に新本社工場を建設する。7月に丸紅などと提携したプラスチック資源の循環利用に関連した研究機能や、顧客のプラスチック成型メーカーの要望に合わせた原料の開発機能を強化する。国内外で引き合いが増えている再生プラスチック原料の生産量は5倍に高める。

1万7475平方メートルの敷地に一部2階建てでのべ床面積5443平方…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]