静岡発の防災用品、台湾で2社が認定品に

2019/9/20 19:48
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

静岡県発の防災用品が台湾で浸透し始めている。台湾防災産業協会が9月下旬に始める認証制度の初の認定品に、静岡県内の2社の製品が選ばれる見通しだ。震災が相次ぐ台湾では防災意識が高まりつつある一方で、備蓄品の製造ノウハウは不足している。静岡県の官民は一体となって、防災に関する知見を関連製品の輸出につなげる。

認定を受けるのは魚藤(静岡県掛川市)の「手羽先玄米リゾット」3種類と青空製パン(牧之原市)の「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]