作家・辻仁成、男子厨房から人生を学べ
できる男 カジダンへの道

ダイバーシティ
2019/9/22 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「男子厨房に入るべからず」という古い言葉がある。調べてみると、孟子の「君子遠庖厨(ほうちゅう)」(君子は厨房に近づかない)から生まれた言葉のようである。男は炊事などしないで、自分の仕事に精をだせ、という意味のようだが、今の時代には当てはまらない。なので、僕は自分の息子に「男子たるもの厨房から人生を学べ」と教えている。

うちの子は15歳、フランスの高校生だ。小学生の頃から父との二人暮らしなので、彼…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]