たんぱく質解析ソフト 分子生物学のインフラに

日経産業新聞
科学&新技術
2019/9/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大阪大学の加藤和貴准教授(46)は、たんぱく質の構造やDNAの配列を解析するソフトウエア「MAFFT(マフト)」の開発者だ。たんぱく質の機能解析や、生物の進化の道筋を調べるのに欠かせないMAFFTはまさに分子生物学研究のインフラとなっている。世界中の幅広い分野の研究者に利用され、初版の公開から20年近くたった今もさらなる改良が続く。

「MNGTE…」。研究室の机に置かれたタブレット端末に、たんぱ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]