ラグビー商戦、九州も 英語チラシや特産品アピール

2019/9/20 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ラグビーワールドカップ(W杯)が20日、開幕した。九州では福岡県や大分県、熊本県で全10試合が開かれるとあって、百貨店や商店街でも商戦が盛り上がってきた。

「テンジン・フォー・オール」――。福岡市天神にある岩田屋や新天町、パルコなど16の商業施設が加盟する「天神ユナイテッド」は飲食店や雑貨店など注目店を紹介する英語のチラシを作成。欧米から観戦に訪れた観光客に博多の魅力を発信している。同担当者は「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]