/

ユニゾHDのTOB期間延長 10月7日まで

米投資ファンドのフォートレス・インベストメント・グループが不動産会社ユニゾホールディングス(HD)に対して実施しているTOB(株式公開買い付け)期間を延長することが、20日分かった。これまで10月1日までとしていた買い付け期間を同7日までとする。

20日、関東財務局に提出された訂正届け書で明らかになった。延長の理由は米投資会社のエリオット・マネジメントがユニゾHD株を買い増しているため。TOBの提示書類の内容の一部を訂正する必要があり、法令に基づき買い付け期間を延ばす。

20日に関東財務局に提出された変更報告書によると、エリオットの保有比率は共同保有分を含め11.98%と、18日提出分の10.95%から上昇した。

ユニゾHD株を巡っては、8月にエイチ・アイ・エス(HIS)による敵対的TOBが不成立となった。フォートレスはユニゾHDと組み対抗TOBを実施している。ユニゾHDの株価はTOB価格の4000円を上回って推移している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン