/

コメ兵、ブランドオフ支援を発表 事業承継会社を傘下に

中古ブランド品流通大手のコメ兵は20日、同業のブランドオフ(金沢市)とスポンサー支援に関する基本合意書を締結したと発表した。ブランドオフの既存事業を承継する新会社を設立し、コメ兵が完全子会社化する予定。ブランドオフは業績悪化で債務超過に陥り、スポンサー候補を探していた。コメ兵は海外展開で先行するブランドオフを傘下に収め、市場開拓につなげる。

新会社はブランドオフの店舗や設備、人員を引き継ぐが、金融機関などへの債務は承継しないとしている。2019年中の正式契約締結を目指す。コメ兵は中古ブランド品を扱う流通企業として首位で、19年3月期の連結売上高は509億円。ブランドオフの18年8月期の売上高は144億円と、SOUや大黒屋ホールディングス(HD)に次ぎ、業界では準大手グループの一角を占める。

ブランドオフは08年から香港や台湾を中心に海外出店を進め、12店舗を出している。コメ兵も北京やバンコクで展開しており、ブランドオフのノウハウを自社の海外戦略に生かせると判断した。

ブランドオフを巡っては17年に大黒屋HDが買収を決めたが、破談した。中古品市場はフリマアプリのメルカリやヤフーなどネットを利用する大手が台頭している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン