警察学校元教官に有罪判決 女子寮侵入で福岡地裁

2019/9/20 18:26
保存
共有
印刷
その他

九州管区警察学校(福岡市)の教官として出向中に同校の女子寮に侵入したとして住居侵入罪に問われた福岡県警元警部の幸村紀吉被告(39)の判決公判が20日、福岡地裁で開かれた。蜷川省吾裁判長は「職務上の立場を悪用し、性的な欲望を満たそうと身勝手な動機から犯行に及んだ」として、懲役1年2月、執行猶予3年(求刑懲役1年2月)を言い渡した。

判決によると2018年10~12月、当直中に管理していた鍵を使って女子寮の部屋に50回以上侵入した。蜷川裁判長は判決理由で「教官として信頼していたはずの被告から知らぬ間に繰り返し侵入された被害者らの精神的苦痛は大きい」と指摘した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]