5Gのプレサービス開始、広島でも ドコモ

2019/9/20 18:01
保存
共有
印刷
その他

NTTドコモは20日、次世代通信規格「5G」のサービス提供を全国で試験的に始めた。ドコモ中国支社がプレサービスの開始に伴い広島市内で開いたイベントでは、同支社がこれまで広島県や民間企業などと実証してきた5Gの活用事例を紹介。半年にわたるプレサービス期間では、広島市にある起業家の活動拠点などで5Gを体験できるようにする。

NTTドコモ中国支社が開いたイベントでは、5G端末が展示された(20日、広島市)

5Gは大容量のデータを高速で通信できるのが特徴で、2020年春に商用サービスが始まる。広島県では山間部や離島での遠隔医療や、プロ野球のパブリックビューイングなどでの活用が期待されている。

ドコモは21年3月末までに、中国5県の全54市に5G基地局を整備する方針だ。上野智久中国支社長は「他業種の連携も進め、新しいサービスの創造につなげたい」と話した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]