10/23 4:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: パナソニック、「脱テスラ」で見えぬ未来[有料会員限定]
  2. 2位: ソフトバンクGによる株取得や融資案 米ウィーワーク受け入れへ[有料会員限定]
  3. 3位: 上場企業の平均年収692万円 1%増、配当の伸び下回る[有料会員限定]
  4. 4位: ヤマトHD、離れる顧客と消えた調整弁[有料会員限定]
  5. 5位: NYダウ、小動きで始まる 主要企業の決算で売買交錯
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,202,877億円
  • 東証2部 71,288億円
  • ジャスダック 93,288億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.20倍 --
株価収益率14.42倍14.31倍
株式益回り6.93%6.98%
配当利回り1.99% 2.00%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,548.90 +56.22
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
22,570 +110

[PR]

スクランブル

フォローする

IPOに広がる懐疑 日米大型案件に冷や水
証券部 須賀恭平

2019/9/20 18:38
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新規株式公開(IPO)が転換点を迎えた。国内外で期待された大型案件の上場が延期となったり、公開価格が当初想定よりも下がったりする例が相次ぐ。上場間もない注目銘柄の株価も振るわない。企業価値が10億ドル(1000億円超)を超える銘柄がユニコーンと呼ばれ話題を集めた局面は終わり、IPOは相場のけん引役から不安材料になりつつある。

「いったい何が起こったのか」(国内の運用担当者)。米シェアオフィス大手…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

スクランブル 一覧

フォローする

読まれたコラム