池田泉州銀がスタートアップ支援ファンド

2019/9/20 17:34
保存
共有
印刷
その他

池田泉州銀行は20日、スタートアップ企業を支援するファンドを設立したと発表した。ファンドにはロート製薬岩谷産業、大阪信用保証協会なども出資した。2025年国際博覧会(大阪・関西万博)に向け、関西でのイノベーション創出を目指す。

設立時のファンド総額は12億円。最大25億円まで、追加出資を募る。大阪万博のテーマと重なる、国連が定めた「持続可能な開発目標(SDGs)」が達成される社会などに貢献する技術を持つ企業に投資する。関西企業を中心にヘルスケア関連など当初は10社程度までの投資を想定している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]