都の宮坂副知事が初庁議であいさつ「デジタル技術で危機克服」

東京
モバイル・5G
2019/9/20 19:04
保存
共有
印刷
その他

東京都の宮坂学副知事は20日、就任して初の庁議で「東京というすばらしいインフラの上にデジタルテクノロジーを載せれば色々な危機や課題を克服できる」とあいさつした。「世界に発信できる新しいプロトタイプができるのではないかと確信している」と自信を見せた。

庁議であいさつする宮坂氏(20日、写真手前右から2人目)

宮坂氏は元ヤフー社長で20日付で副知事に就任した。庁議では都の課題として少子化や高齢化、気候変動などを挙げ「危機を(知事と)一緒になって乗り越えるような挑戦がしていきたい」と話した。「危機感がある一方で楽観的にもなっている」とし「我々にはテクノロジーがある」とICT(情報通信技術)などによる課題解決に意欲を示した。

都職員には「相談してもらえるような存在になり、後押ししたい」と呼びかけた。「デジタルに関する気になること、困ったことがあればいっていただきたい。こちらからも色々提案させていただく」とした。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]