マツダ「高級化」のジレンマ、ブランド重視で販売不振 小型SUV試金石になるか

2019/9/21 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

マツダは20日、10月24日から新型多目的スポーツ車(SUV)「CX-30」の販売を始めると発表した。小型車「マツダ3」の不振などで、今年1~7月の同社の世界販売は2ケタのマイナスだ。成長が続くSUV分野への戦略商品の投入で巻き返しを図る。一方、近年成功を収めてきた高級化路線は単価の上昇が消費者の離反を招いている。ブランド戦略は大きな岐路に立たされている。

「今後ブランドをけん引し、マツダを支え…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]