/

この記事は会員限定です

「狙いすぎ」の炎上防げ 企業SNSの危機管理術

[有料会員限定]

ツイッターやフェイスブックなどのSNS(交流サイト)で情報発信する企業が増えている。ただ好意的な反応を求めるあまり、不適切な表現や度を越す主張になり「炎上」するケースもある。担当者にとっては悩みどころだ。

昨年11月、日産自動車のカルロス・ゴーン会長(当時)が有価証券報告書の虚偽記載容疑で逮捕された事件を受け、他社の系列販売店が「やったぜ日産」とツイートし、多くの批判を浴びた。

「やったぜ日産」はテレビCM...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2181文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン