長野生まれの極大粒大豆「つぶほまれ」 濃厚な豆腐に
(信越とっておき)

コラム(地域)
2019/9/20 18:59
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

長野県生まれの極大粒の大豆「つぶほまれ」を原料にした生豆腐が8月、同県飯田市や阿智村の店舗で発売され、話題を集めている。南信州地域の食品製造業者や大学、行政などが参加する「つぶほまれ栽培・加工研究会」が呼び掛け、商品化が実現した。

郷土料理店・食品製造の「信濃比叡 門前屋」(阿智村)の特殊な製法で作られているのが特徴だ。おからを出さずに大豆を丸ごと使うため、もともとうまみが強いとされる品種の特徴…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]