/

この記事は会員限定です

スポーツ指導者にもっと女性を

OECD東京センター所長 村上由美子

[有料会員限定]

ラグビーワールドカップが開幕した。日本を訪れる外国からの観客は最大40万人と予想されている。今回は男子チームのみだが、実は女子に関する興味深い決定が先月発表された。次回の2021年ニュージーランド杯から"女子"が除かれ"ラグビーワールドカップ"と男子同様の名称となるのだ。

"女子"という言葉が性別に帰する偏見や先入観の原因になる可能性があり、男女同様に競技できるラグビーを推進するために名称を変更し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り734文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン