「若いうちに卵子凍結」選択肢に キャリアと出産両立

2019/9/23 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

キャリアを理由に当面は出産を希望しない女性たちの間で、若いうちに卵子を凍結して保存する動きが広がり始めた。出産の先送りを促すなどの懸念もあるが、キャリア形成と出産を両立する選択肢として注目を集めている。

田中美春さん(仮名、40)は2019年夏、卵子凍結を2回試みた。4月に昇進したばかり。「出産にタイムリミットがあるからと慌てて結婚したくはなかった」と話す。妊娠の確率を高めるため年齢と同数の卵子…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]