/

この記事は会員限定です

大洲城で城主体験 歴史の町並み活用広がる

ウエーブ愛媛

[有料会員限定]

「伊予の小京都」と呼ばれる古い町並みが残る愛媛県大洲市で、大洲城に宿泊する城主体験など、歴史的施設本来の機能を生かした体験型観光が始まる。従来の見学型プラスαの特別な体験を提供することで、観光地としての魅力向上と施設の保存活用を図る。11月にはゲストを招いた初の実証実験を実施し、来春のサービス開始に備える。

夕暮れの本丸でホラ貝や太鼓が鳴り響く中、騎乗した城主が入城すると鉄砲隊が祝砲で迎える――。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1128文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン