かんぴょうで栃木売り込む
(こだま)

2019/9/20 15:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「栃木県はかんぴょうの産地だがな。タネが足らんけ、買って送ってごせーや」。鳥取県の実家の父から電話をもらったのが今年5月。父は菜園で自宅用にかんぴょうの原料になるユウガオの実を栽培している。宇都宮市のホームセンターを回ったが手に入れられず、通販で購入した。

子供の時分、かんぴょうを食べて育った。当時は祖母が実を栽培し、乾燥させて料理に使っていた。強烈に印象に残っているのが、煮干しと煮込んだそうめ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]