ホンダ、「フリード」にSUV調モデル 趣味性高く

2019/9/20 12:55
保存
共有
印刷
その他

ホンダは10月18日にミニバン「フリード」を一部改良する。フロントグリルやバンパーなどのデザインを変更し、多目的スポーツ車(SUV)調のモデルを設定した。以前からの特徴である親しみやすさに加え、遊び心と力強さも打ち出して、趣味性が高い顧客層を開拓する。

SUV調の外観にした「クロスター」を設定する

SUV調デザインの「クロスター」を設ける。専用のアルミホイールやルーフレールを装着し、ドアなどの色をシルバーにして高級感も演出する。通常モデルもグリルやバンパーを刷新して外観の印象を強める。

エンジンの制御を見直し、下り坂で一度ブレーキを踏めばエンジンブレーキが強くかかる。運転のしやすさと安全性に配慮した。安全運転支援システムの「ホンダセンシング」では後方の誤発進抑制機能を付けた。

2008年に初代のフリードを発売した。車台(プラットホーム)は小型車「フィット」と共用。16年には初の全面改良を実施した。「5ナンバー」の小型ミニバンながら3列シートを備えた室内空間が特徴で国内の基幹車種の1つ。

18年度の販売台数は8万3669台で、ホンダの登録車(排気量660cc超)ではフィット(8万5925台)に次ぐ2位の売れ筋車。性能や価格の詳細については、後日発表するとしている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]