スマートシティー、世界で広がり データで効率管理

2019/9/20 11:46
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

データを使い都市を効率よく管理する「スマートシティー」が世界で広がっている。中国は500都市以上が整備に乗り出し、カナダでは米グーグル親会社の傘下企業が建設を本格化した。人工知能(AI)を駆使し交通管理や省エネルギーにつなげる。ただ必要なデータ利用のルール整備が後手に回れば、プライバシーを脅かす「監視社会」の懸念もくすぶる。

湖畔の再開発が進むカナダのトロント。グーグル持ち株会社のアルファベット…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]