マツダ、新型SUV「CX-30」 実用重視のサイズ感

自動車・機械
2019/9/20 11:00
保存
共有
印刷
その他

コンパクト仕様にしながら、室内の快適さを両立した

コンパクト仕様にしながら、室内の快適さを両立した

マツダは20日、新型の多目的スポーツ車(SUV)「CX-30」の国内での予約受注を始め、10月24日から順次販売すると発表した。日常でも機敏に走れるコンパクトさにこだわりつつ、広い室内空間や荷室も併せ持つ使い勝手の良さが強み。国内向けSUVは4モデルに増えた。家族、単身者など様々なニーズにあったラインアップをそろえる。

マツダは5月に発売した小型車「マツダ3」を皮切りに、全てのモデルを大幅改良し「新世代商品群」を展開していく方針。「CX-30」は第2弾となる。欧州ではすでに9月に先行販売している。使い勝手の良さと家族連れが快適に使える仕様にして、ライフスタイルの変わる層を狙ったパッケージにした。

価格は239万2500円~371万3600円。燃費性能を改善して、走行性能を高めた新型エンジン搭載車は2020年1月以降に発売する予定だ。

「CX-30」は「誰にとってもマツダ車への入り口となる商品だ」(斉藤圭介国内営業本部主幹)と位置づけ、エントリー車として期待する。ブランドの裾野を広げつつ、主力SUV「CX-5」に並ぶ旗艦モデルとして育てる方針だ。

「CX-30」の開発で注力したのは車のサイズ。コンパクトSUVの市場が拡大して、街中など日常的に使うドライバーが増えるなかで、「新型の開発ではどれくらいのサイズがいいか理詰めで寸法を考えた」(佐賀尚人開発主査)。

そこで都市部でもキビキビと動けるようした。立体駐車場も使える高さに抑えてすれ違い時や細い道でも運転しやすい幅にした。全長は街中で縦列駐車する際、ストレスを感じないサイズに気配りした。

一方、「CX-30」と同クラスのSUVでは、全長が短く、背が高くなりがちになる。「デザイン性、居住性を両立することが難しい」(柳沢亮デザイン本部チーフデザイナー)という難点があったという。

「CX-30」は外観の洗練さを維持しつつ、後部座席の高さはゆとりをもたせた。荷室はベビーカーなど大きな荷物も入り載せやすいよう、開口幅も広くするなどレイアウトを工夫した。柳沢チーフデザイナーは「最も美しいSUVを目指した」と自信をみせる。

国内マーケットはSUV人気で盛り上がるが、競合車もひしめくなかで、売れるクルマとなれるかどうか。「CX-30」は、マツダの既存SUV「CX-3」、「CX-5」のちょうど中間にある。幅広いニーズ、ユーザーをきめ細かくカバーできるとともに、需要を奪い合うというリスクもある。

マツダは「CX-30」を入門車として、将来に向けてブランド浸透、根強いファン獲得につながる相乗効果に期待を込める。消費増税後の新車販売がどうなるかも気をもむところだ。今年はカーマニアが注目するモデルが乏しいなか、「CX-30」はビジネスも含めて注目のデビューとなる。(岡田江美)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]