プロ野球

十亀のびのび快投 西武、2戦連続零封リレー

2019/9/19 23:42
保存
共有
印刷
その他

「どうしたんでしょう。こんな大事なときに」。試合後、西武の辻監督がおどけてみせた。強力打線で打ち勝ってきたチームが、シーズン最終盤にきて2戦連続の完封リレー。「(2試合で)防御率ゼロじゃない。昨日、今日と期待を大きく裏切ってくれた」。どうしたって口元が緩む。

日本ハム戦に先発し、8回途中無失点で5勝目を挙げた西武・十亀=共同

日本ハム戦に先発し、8回途中無失点で5勝目を挙げた西武・十亀=共同

一回、先発の十亀は11球で二ゴロ2つに一邪飛と、この上なくスムーズに立ち上がった。このリズムを攻撃につなげたかった辻監督は、裏の攻撃で打席に向かう秋山に「おまえがヒットを打てば絶対点が入るぞ」と発破をかけたという。

思惑通りに秋山が初球を右前に運ぶと、源田も右前打で続く。無死一、三塁として森は初球を中前へ。日本ハムのロドリゲスに息つく暇を与えず、わずか5球で鮮やかに先制点を奪った。

1点あれば十分とばかりに、十亀は伸び伸びと投げた。8回を96球で無失点だった前夜のニールがそのまま投げているかのような速いテンポで。十亀のペースで進む対戦に日本ハムの打者がたまらず打席を外す。それでも低めへの丁寧な制球は乱れなかった。

安定感が際立つニールから学ぶことが大いにあるといい、「テンポだけはしっかり意識できた」と十亀。一発を警戒しつつ単打は仕方ないと割り切り、大胆に日本ハム打線に攻め入った。7回0/3を82球で4安打無失点と、ニールに勝るとも劣らない快投だった。

優勝へのマジックは5に減ったが、辻監督は「選手の心の中までは分からないけれど、普通にやっている気がする」と力みのなさを強調する。9月は11勝4敗。一気に山を登り切りそうな勢いだ。(木村慧)

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

ドラフト1位指名のあいさつで訪れたDeNA・ラミレス監督(左)とポーズをとる桐蔭学園高の森敬斗内野手(18日、横浜市)=共同

 ドラフト会議でDeNAから1位指名を受けた神奈川・桐蔭学園高の森敬斗内野手が18日、横浜市内の同校でラミレス監督らの訪問を受けた。投手が豊作だった今年のドラフトで最初に指名した熱意を伝えられ「1年目 …続き (18日 20:27)

引退記者会見を行った楽天・今江(18日、楽天生命パーク)=共同

 楽天の今江年晶内野手(36)が18日、楽天生命パーク宮城で引退記者会見を行った。今季はキャンプ直前に右目の不調を訴えて26試合の出場にとどまり「悪くなると私生活に影響する状況。年齢もあるし引退しよう …続き (18日 19:38)

ヤクルトの伊東昭光編成部長(右)と阿部健太スカウト(左)から指名あいさつ受け、「交渉権確定」の当たりくじを受け取った星稜高の奥川恭伸投手(18日、金沢市)=共同

 3球団から1位指名を受け、ヤクルトが交渉権を獲得した石川・星稜高の奥川恭伸投手が18日、金沢市の同校でヤクルトの伊東昭光編成部長と、担当の阿部健太スカウトから指名あいさつを受け「少しずつ実感が湧いて …続き (18日 19:08)

ハイライト・スポーツ

[PR]