スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

世界レスリング川井梨、成熟のV 失策にも慌てず

Tokyo2020
2019/9/19 23:45
保存
共有
印刷
その他

「安心した部分と悔しい部分が複雑で……」。苦戦続きの日本女子チームを救った安堵と思わぬ追い上げにあったふがいなさと。ないまぜになった感情があふれ、川井梨が涙声を震わせた。

【関連記事】女子76キロ級・皆川が銀 世界レスリング、川井友ら敗者復活戦へ

女子57キロ級で優勝し、肩車で日の丸を掲げる川井梨紗子=共同

女子57キロ級で優勝し、肩車で日の丸を掲げる川井梨紗子=共同

昨年この階級を制している栄寧寧との「世界女王対決」は、序盤から五輪女王でもある格の違いを見せつけた。第1ピリオド中盤。揺さぶりをかけてから両足に食いついたタックルは、全く反応を許さない。第2ピリオド開始早々、再び両足タックルを決めた。

スピードの違いは歴然。9-0に差を広げ楽勝ムードが漂ったが、ここで調子に乗りすぎたか。10点差をつけてのテクニカルフォール狙いでしつこく仕掛けた両足タックルはさすがに芸がなさ過ぎた。しのがれ返されて4点を献上。さらに体を回され3点差まで詰め寄られた。

逃げ切り勝利に「これが東京(五輪)じゃなくて良かったという部分もある」。負けが許されぬ女子エースとしての自覚から、手放しでは喜べぬ戴冠。ただ世界女王を問題にしないタックルの鋭さや、"失策"後もばたつかず逆転は許さない安定感に、伊調との死闘を経たレスラーとしての成熟も感じさせた。

負けられなかった理由がもう一つ。妹の友香子が3回戦で敗れ、敗者復活戦に回った。「しっかり自分が優勝する姿を見せて。勇気づけたいなと」。あと一歩のところまで来た姉妹での東京五輪へ。まずは姉が力水をつけた。

(西堀卓司)

GO TOKYOをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
カナダ戦の第1セット、スパイクを決める西田=共同共同

 バレーボール男子のワールドカップ(W杯)は15日に閉幕し、世界ランキング11位の日本は最終戦で同6位のカナダに3―2で勝って大会初の8勝(3敗)を挙げ、28年ぶりの4位で終えた。来年の東京五輪にも光 …続き (10/16)

日本は個々の成長は示せたが、ライバルの進化の速さはそれ以上だった(9日、シュツットガルト)=共同共同

 【シュツットガルト(ドイツ)=本池英人】13日に閉幕した体操の世界選手権で日本男子は団体総合、種目別平行棒の萱和磨(セントラルスポーツ)の銅メダル2個という結果に終わった。2年連続で金メダルに届かず …続き (10/15)

男子種目別決勝 平行棒で着地を決め、ガッツポーズする萱和磨(シュツットガルト)=共同共同

 「完璧だった。もう言うことない。練習してきたことの全てを出せた」。自画自賛の嵐で振り返った平行棒は、まさに今大会の萱の集大成といえる出来だった。

 一つ一つの倒立を確実に、きっちり止めて次の技へと進ん …続き (10/14)

ハイライト・スポーツ

[PR]