日経商品指数17種

(1970年平均=100)
10月18日 145.749 +0.088

[PR]

コモディティーVIEW

フォローする

石炭離れが招く供給不足リスク 安値で投資冷える
商品部 高倉万紀子

2019/9/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

発電燃料に使う石炭の安値が長期化している。先進国で二酸化炭素(CO2)の排出量が少ない天然ガスへの転換が進み、スポット(随時契約)価格は3年ぶりの安値圏だ。中期的にみれば長引く安値はマネーの石炭離れと相まって供給増にブレーキをかける。5年後に現在より4割値上がりするといった反動高の観測もくすぶっている。

発電用石炭の指標となるオーストラリア産のスポット価格は1トン110ドル超だった2018年夏ご…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

コモディティーVIEW 一覧

フォローする

読まれたコラム