農水省、豚コレラ対策でワクチン接種へ 感染終息遠く

2019/9/19 20:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

農林水産省は19日、中部から関東に感染が広がる豚コレラについて、豚へのワクチン接種を実施する方針を固めた。感染した豚の殺処分で封じ込めを目指してきたが、発生が続いて終息がみえないため方針を転換する。感染リスクの高まりから、多くの養豚業者からワクチン接種を望む声が出ていた。

日本は1990年代半ばから豚コレラの撲滅対策を進め、2006年にワクチン接種を全面中止していた。今回接種に踏み切ることで、日…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]