/

この記事は会員限定です

[FT]「不正な資本主義」が民主主義を壊す(前編)

[有料会員限定]
Financial Times

「我々個々の企業は、それぞれの企業の目的を追求する一方、すべての利害関係者に対して基本的なコミットメントを共有している」--。

米主要企業181社の経営者団体、ビジネス・ラウンドテーブルは8月19日、このように宣言し、長年掲げてきた「企業は主に株主のために存在する」という考え方を見直した。

これは確かに大きな転換点だ。だが、この転換点は何を意味するのか――。どんな意味を持つべきなのか――。

「レンティア資本主義」の台頭

まず、事態がひどく悪化してしまっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3770文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

マーティン・ウルフ

Martin Wolf 英国生まれ。経済政策の間違いが第2次世界大戦を招いたとの問題意識から経済に関心を持つ。世界銀行のエコノミストなどを経て87年にFT入社。一貫して経済問題を執筆。現在最も影響力のあるジャーナリストとされ、その論評、発言は各国の財務相や中央銀行総裁も注目するという。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン