大阪・西成、観光のハブに 星野と鉄道3社が連携

2019/9/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

星野リゾートや南海電気鉄道、JR西日本、大阪市高速電気軌道(大阪メトロ)は新今宮駅(大阪市西成区・浪速区)周辺の街づくりの協議会を立ち上げた。労働者の街として知られる新今宮は関西国際空港や大阪市内へのアクセスの良さから近年インバウンド(訪日外国人)が急増している。ホテルや鉄道で都市開発を進める4社の連携で、同地域の訪日客の受け入れ体制を整え、関西観光のハブに育てる。

新組織「新今宮駅周辺観光まち…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]