浜松のブングボックス、万年筆の独自インク 世界も注目
(わが社の一押し)

2019/9/19 20:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「ダンディズム」「道化師の涙」「ゑびす」――。万年筆・インク専門店、ブングボックス(浜松市)のオリジナルインクは一風変わった商品名と美しい色の品ぞろえが売りだ。前身の店で2009年に初めて独自インクを売り出した同店はこの分野の先駆け。評判が広がり、浜松以外からもわざわざお客が購入に訪れるほどの人気だ。

浜松市中心街の中区肴町。飲食店が立ち並ぶ中にブングボックスの浜松本店がある。15平方メートルほ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]