/

北海道苫小牧市長、知事のIR誘致判断 道議に協力要請

カジノを含む統合型リゾート(IR)施設の誘致に名乗りを上げている北海道苫小牧市の岩倉博文市長は19日、北海道議会の最大会派、自民党・道民会議の議員と面会し、IR誘致に向けた道の取り組みや知事の早期判断を促すよう求めた。

市は要望書に「IR誘致の知事判断を早急に行っていただくことへの力添えを強く要望する」と明記。岩倉市長は「北海道の次の世代に何を残していけるかというなかでチャレンジテーマとしてやってきた」などと述べ、理解を求めた。道は苫小牧市をIRを誘致する場合の優先候補地としているが、誘致するかどうかは決めていない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン